Tag Archive | Tibet

Inside Tibet:1943年のチベットのカラー動画

Inside Tibet : National Archives and Records Administration : Free Download & Streaming : Internet Archive

http://www.archive.org/flow/flowplayer.commercial-3.2.1.swf

未だ中華人民共和国が存在しない時のチベット!
これはチベット好きには涎もの。
サイトが英語なので正確には判りませんが、おそらく1943年のトルストイとドランの合衆国使節団の記録映像だと思う。
セラ寺六千人、デプン寺1万人なんて、今じゃ想像できない人数だな。
つか、あの空気の薄いところでよくこれだけ踊れるもんだわ。
凄い!

広告

四川のチベット族自治州で草原火災、22人死亡

四川のチベット族自治州で草原火災、軍民22人が死亡

四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州道孚県で5日正午ごろ、草原火災が発生した。火は強風にあおられて広がり、同日夜までに解放軍将兵15人、現地住民5人、林業従事者2人の、計22人の死亡が確認された。中国新聞社が報じた。

■「火災」写真特集

現地住民の多くはチベット族で、草原地帯で放牧している人も多い。県消防によると、消防が現場に到着したのは午後5時10分ごろ。それより前に解放軍のカンゼ分区独立大隊が、住民らの救助に乗り出したが、逆に15人が犠牲になったという。

現地住民は5人が死亡したほか、4人が負傷。うち3人は重症で、病院に搬送された(写真)。(編集担当:如月隼人)

道孚県(どうふ-けん、タウ、rta’u)は中国四川省カンゼ・チベット族自治州東部に位置し、カンゼ州州都康定(タルツェムド)からは219km、四川省省都成都からは585km。道孚はかつて「道塢」と称された。これはチベット語で「馬」を意味する。(ウィキペディア「道孚県」より)
現場に到着するだけでも大変なのに、不安定な山の天候で、風向き一つでこれだけの犠牲が簡単にでてしまうとは、山火事って恐ろしねえ。

以下、続報と関連記事
四川チベット族自治州の草原火災…“消した火”再燃で22人死亡
四川省道孚県、草原火事で22人が死亡 

 

Free Tibet Japan Home「チベットで前代未聞の学生による抗議行動が勃発」

言語教育は、もちろん民族として重要な問題だし、個人にとっても人格形成に関わる根本的な問題でもある。
青海省に限らず、中国の地方政府は、これだけ長い間虐げられてきたのに抵抗が衰えない現実を、その現実が意味するところを、気付こうともしないのか。それとも判らないのか。どうでもよいのか。

チャブチャで20人の学生たちが逮捕されたとの報告があり、抗議に参加した学生たちの今後が心配です。

まったくだ。