Tag Archive | 本

60周年だと?それがどないした!&「もうひとつのチベット現代史」読了

1951年10月26日張国華を軍長とし譚冠三を政治委員とする主力1万6千の大部隊がラサに到着した。

それから60年、中国共産党によると今年はチベット開放60周年だそうだ。私のツイッターのチベット垢Tibet_G_Newsでも、稀に中国当局発信の60年の成果を誇示するニュースをピックアップしているけれど、勿論これはこの60周年に関係してのプロパガンダ。そもそもチベット侵攻以降、チベットにおいては反乱鎮圧、大躍進、文化大革命に至る惨禍は80年頃まで続き、経済発展どころか飢餓が発生して文化消滅の危機に瀕していた。教育にしても自然環境保護にしても、勿論経済発展にしても、その輝かしい「成果(数字)」ほど白々しいいモノはなく、民族の文化的独自性を全く度外視したものばかり。もっとも、中国当局発信の情報なんてそんなんばっかだけどね。

ま、そんなことを意識したわけではないけど、「もうひとつのチベット現代史」(阿部治平著、明石書店)を本日読了。結果的に良いタイミングであった。

History-mouhitotunotibetgendaisi

何年前か忘れたけど、図書館で見かけて以来ずーっと気になっていたけど、なんせ分厚いから後回しにしていたんだよね。

で、今回読んでみて、もっと早くに読んどけば良かったと思った。そうすればチベットの現代史をもっと立体的に理解できた。特にチベット人共産党員たちの視点が如何なるものなのか、それがうかがえる書物は、この本の他に私は知らない(無いとは言わんよ)。

本の副題”プンツォク=ワンギェルの夢と革命の生涯”の通り、この本はプンワンことプンツォク=ワンギェル(平措汪傑)の生涯を描いているのだが、その生涯を中心軸にチベットの現代史をも描き出している。それも、よくありがちな「フリチベ好み」の歴史とはひと味もふた味も違ったものだ。

プンワンは中国共産党に入党し、チベット侵攻部隊の通訳として大活躍したカムパ(東部チベット人)である。そして冒頭のラサ入城した赤い軍隊の中に彼はいて、ラサの市民から「赤いチベット人」と陰口を叩かれた。もしアナタがプンワンを知らないフリチベの人なら(特に2008年以降の熱烈なフリチベなら尚更)この二行で拒否反応を起こしすかもしれないけれど、でもね、寧ろそう言う人にこそ読んで欲しい気がする。ダライ・ラマ法王やチベット仏教関連、雪の下の炎など体験もの、オカメインコ先生の著書とか、要するに亡命チベット側の立場にたった著書もいいけど、そればかり読んでいても視野は広がらない。

マルクスレーニン主義に夢を描き、チベットを真に解放してチベット人のユートピアを実現しようと奔走したチベット人が本当にいたのである。勿論それがどのような結果を招くことになったかは、今のチベットを見れば言うまでもないが、現実に裏切られてもプンワンは逃げることなくチベットの現実を必死で支え続けた。(あ、誤解を避ける意味で念のため断っとくけど、“逃げる”は現実から逃げるという一般的な意味で、現実の出来事を暗に指し示すものじゃないからね)間違いなくチベット現代史のキーマンの一人である彼の足跡を辿ることは、チベットへの理解を一層深めてくれるだろう。おススメ。

ブータン小・中学校歴史教科書 ブータンの歴史

また懲りずにやっちまっただ。

返却日までに全部読み切れないってのに本を借りてきた。

Img_3418

今回は6冊。並べると厚さ20cm弱ってところか?

先日、TIBET ROOMチベット本のコーナーを作ったのはいいんだけど、そういえば石濱センセイの本が一冊もないというのは「一応フリチベ」の私としては片手落ちだなあ〜と、軽く感じた。そこで総合カテゴリーに入りそうな「チベットを知るための50章」という手軽な本。

で、もう少しディープなのと思って探すうち、そだ!ブータン!と天のお告げのように急遽方針変更。ぶーたんぶーたんぶーたんたん♪(実際には歌ってないぞ!)というわけで入門編のような本…のつもりでいたが、気が付けば「内モンゴル」の本をPC検索しているし、目に止まった本を考えずにかごに入れるし…

続きを読む…

無駄金とは何か

今日こんなツイートを見かけた。

101205-0002

知らない本なので、たろじいのブログなんか気になる。

というので早速グーグルさんにアーマーゾーンと呼んでもらった。 続きを読む…