Tag Archive | パンダ

今度こそ最後のパンダごと(追加編集)

いいかげんパンダのことは止めようと思っていたが、ツイッターでささやかながら反応があり、ちょっと考えるところがまたできちゃった。なので、もう少し書こうかどうしようか迷いながら、でも、なんか書いちゃおうかな。

続きを読む…

広告

パンダはパンダなの

学術的にパンダをチベットだけに結びつける根拠が無いことについては、もう説明しない。
今回はそもそも論から。
そもそも、A(国)にもB(国)にも分布する野生の生き物を、今はAの方に多くが棲んでいるというだけで「Aの動物であってBの動物でない」と云う理屈は成立するかえ?成立するというのなら、残りのBに棲む生き物は、じゃあ何もんやねん?
こういう場合、「Aの動物」は勿論正解だが、「Bの動物」も正解。少なくともBにも生息しているから「Bの動物」を否定する根拠は無い。(もっとも動物にとってはAもBも無いのだが、まだそこには触れない。) 続きを読む…

パンダのこと完結編(再編集)

※一部再編集、加筆しました。(2001.1/25)

今日、チベットハウスのHPで偶然見つけたんだけれど、こんな事が書いてあった。

1901年にダライ・ラマ13世は、チベットでの野生動物の狩猟禁止令を発令した。残念なことに、中国は同様の制約は実施せず、それよりも絶滅寸前種の「トロフィー・ハンティング」が積極的に奨励されてきた。チベット高原においては、39種の哺乳類、37種の鳥類、4種の両生類、1種の爬虫類の、少なくとも81種が絶滅の危機に瀕していると指摘されている。中国人によって国民のマスコットとして宣伝された有名なジャイアントパンダは、実はチベット固有の動物なのである。(「チベットを知るために」の現在のチベットの状況より)

「中国人によって国民のマスコットとして宣伝された有名なジャイアントパンダは、実はチベット固有の動物なのである。」って、アイタタタ…まじですか。。。

そもそもの元凶…

続きを読む…

パンダを政治利用する前にググレカス

たまたまツイッター経由で知ったけど、まーだパンダがチベットの固有種だとバカげたこと言ってるヤツがいるんやね。

本当はこんな事書いてる場合じゃないんだけど、手っ取り早く済ませられるから書く。

パンダはチベットだけの動物ではない。

チベットから中国が奪ったのではない。中国にも昔からいたのだ。

だからパンダをフリーチベットに絡めるのは政治利用以外の何ものでもない。

何度か書いてきたことの繰り返しになるので、もう書かない。以下の引用及びリンクでも読んでくださいな。 続きを読む…