アーカイブ | FreeTibet RSS for this section

チベット蜂起記念日

3月10日はチベット蜂起記念日。

このサイトを訪れる人には要らぬ説明かも知れないが、一応1959年3月10日にダライ・ラマ法王を守り中国の武力支配に抗議するためラサ市民が「初めて」蜂起したことを記念した日である。(→Wikipedia「1959年のチベット蜂起」チベットハウス「ダライラマ法王が著した1959年3月10日」

昨年のチベットは、とにもかくにも焼身抗議の痛ましく悲しい一年であった。そして今もそれは続いている。

チベット同胞の悲痛な思いや焦燥感が如何ばかりか、当たり前のように日本人でいられる私にどこまで理解でき得るものかはわからない。それでも、もうこれ以上の命の犠牲がでないことを心から切に願う。とにかく今はそれしか無い。とにかく生きてください!生き残ってください!未来のため。それは来世のためでもあるのだから。

さて、International Tibet NetworkがYoutubeに声明を出したので、ここに貼付けておきます。日本語字幕付きですが、「続き」に字幕部分を書き留めておきました。一部(といっても少しだけ)私の判断で字幕とは違ったところがありますが、殆ど字幕の書き写しです。

引用元: Solidarity and Resistance: A Statement by the Global Tibet Movement – Japanese Subtitle – YouTube.

続きを読む…

広告

藏人调戏小五毛wumao – YouTube

Let’s take a picture♪

Let’s put on your youtube♪

Can you do that♪

In your China♪

引用元: 藏人调戏小五毛wumao – YouTube.

ツイッターで知った動画。習氏の訪問先アイオワかな?、チベット支援者たちの機転が素晴らしすぎて五毛が言葉失ってるザマーミヤガレ。いやしかし、これは本当に見習いたいね(特に罵声を浴びせるしか知らない人たちは)。誰にアピールしているのか明確にわきまえて、感情に走らない。いやあクールなラップだわ。

パンダを政治利用する前にググレカス

たまたまツイッター経由で知ったけど、まーだパンダがチベットの固有種だとバカげたこと言ってるヤツがいるんやね。

本当はこんな事書いてる場合じゃないんだけど、手っ取り早く済ませられるから書く。

パンダはチベットだけの動物ではない。

チベットから中国が奪ったのではない。中国にも昔からいたのだ。

だからパンダをフリーチベットに絡めるのは政治利用以外の何ものでもない。

何度か書いてきたことの繰り返しになるので、もう書かない。以下の引用及びリンクでも読んでくださいな。 続きを読む…

「囚われのチベットの少女」(HABU’sBLoGより再掲)

タイトルにあるように、HABU’s BLoGからの転載です。
しょうじき感情が抑えきれず、読み返してみるとまとまりきってないので、本当は書き直すつもりだったけど、どうもうまく書けないのでそのまま流用することにしました。

Amazon.co.jp: 囚われのチベットの少女: フィリップ ブルサール, ダニエル ラン, 今枝 由郎

返却期限過ぎていたのをすっかり忘れていた「囚われのチベットの少女」の読み残しを一気に読んだ。
本の感想はここではさらっと流しますが、「雪の下の炎」よりも怒りの成分が多かったです。もし二年前に読んでいたら本当に冷静ではいられなかったでしょう。
チベットに関心のない人は「ああチベットものね」でスルーするかもしれませんが、この本はチベットに関心のない人にもぜひ読んでみて欲しい一冊です。
表現は大人しいです。人によっては物足りなく感じるかもしれません。でも、描かれている現実は凄惨そのものです。

いま世界の趨勢は暴力の応酬に暴走し、力に対応するには力しかない、あるいは平和になったから力は正義だ、平和主義者の話を聞いていたらテロリストにやられるだけだ、と。まるでテロリストは生まれながらテロリストであるかのように。勝てば官軍などと平気で言ってのける者もいる。
けれど、本当にそうか?
それで問題が解決したと言えるのか?
それが本当なら何故この世から戦争が無くならない。
人は不満を抱く。
だから紛争や争いごとが起る。それを拡大すれば戦争といってもいい。
では、なぜ人は不満を抱いた。
なぜ権力に反抗する?
時に命を賭してまで。

なぜ?

暴力によって齎された平和は人を幸せになどできない。
1993年から95年にかけて私が旅したチベットは、平和そのものだった。確かに不穏な噂や話が耳に届き、社会的な歪みや理不尽さも感じたけれど、政治的な不安定を直接垣間みることはなかった。
でも、現実は、そんな暢気な日本人のすぐ近くで鳥葬よりも衝撃的な出来事が日常的に行われていたのである。
見せかけの平和は中国当局の自信を増長させただけで、一昨年の3月に破綻した。
チベットだけではない。ビルマでも僧侶が先頭に立って大規模なデモが発生した。中国内でも昨夏のウルムチは記憶に古くはないはず。パレスチナもしかり。どれもこれも圧倒的な強者が力でねじ伏せてきた結果である。そして抵抗の動きに対してもまた同じ力ずくの屈服。その結果残るのは緊張と憎悪である。
押さえつけられた者たちも、力で対抗したところでジリ貧になるだけ。
けっきょく力の応酬は後戻りがどんどん難しくなる袋小路に突っ込むようなものだ。
米国はベトナムで自ら仕掛けた地雷を踏んでしまい、旧ソ連もアフガニスタンで同じく手痛い教訓を得た___筈なのに、ほぼ旧ソのロシアはコーカサスで、米国は湾岸で、再び同じ轍を踏み、さらに米国はアフガニスタンで自分だけでなく旧ソの撒いた種の後始末までしなければならなくなっている。ちなみに反米勢力の結束力を強めたのは、皮肉にも米国が大々的にPRした一つのキャッチフレーズと一人のシンボルである。更に一つだけ付け加えておくなら、テロはイスラム過激派の専売特許ではないし、イスラム教徒というだけで危険視するのは無知にもほどがある。

さて、眼をもう一度チベットに向けると、中国政府も米国や旧ソ、ロシアと同じ轍を思いっきり踏んでいる。
ただ違うのは、現場が実効支配の域内であることと、チベット人の抗議運動が非暴力に根ざしていることである。

非暴力___言うは易しである。ダライラマ法王が弟子だと公言するガンディーですら非暴力の運動に辿り着くまでにそれなりの年月を要した。
それを10代の少女が、それも監獄の中で、命がけで貫き通したのである。

私はチベット問題を押し付けるつもりはない。
ただ、知って欲しい。

ちょっと時間が遅くなったのと、言葉が続かなくなってしまったので、この辺にしておきますが、最後に、彼女はいま米国で暮らしています。
2002年に釈放されたものの今なお収監中の後遺症に苦しみ、それでも「International Canpaing for Tibet」で人権アナリストとして活動しているそうです。(参考→http://d.hatena.ne.jp/tibetnews/

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ人気ブログランキングへ

緊急アクション:オバマ大統領へファックスを

先ずはお知らせ。
mixiトピなんだけど、知ったのはツイッターから。でも、その元になったサイト(英語)が既に公開されているのと、ことがことなので、このブログでも微力ながら協力したいので、一部かいつまんで転載します。
緊急要請:残り3日間,ダライラマとオバマ会談へ
日本からもホワイトハウスへファックスにご協力下さい。
http://ihearttibet.org/?page_id=78

ダライラマ法王とオバマ大統領の会談が行われる日、18日まで残す所3日間となりました。
ここで、米国大統領に向けて明確な要請を行うため強化プッシュを行う3日間集中ファイナル アクションにご協力ください。
(中略)
なにとぞ、本日から木曜日にかけて、オバマ大統領への一斉集中ファックスアクションにご参加ください。ホワイトハウスの広報によりますとオバマ大統領は毎日、一般市民からの10通の手紙、メッセージに必ず目を通すそうです。

オバマ大統領へのサンプル レター(ひな形)と、メッセージの送り方を続きに載せておきますが、mixiを利用している方は→コチラ


オバマ大統領へのサンプル レター(ひな形)

出来るだけ、ご自身でひな形に手を加えられることをお勧めします。

Dear Mr President,

This message comes to you at Losar, the Tibetan New Year, with my sincere hope that your forthcoming meeting with His Holiness the Dalai Lama will be a landmark for the future of Tibet.

Specifically, I urge you to do everything in your power to bring about a meeting between His Holiness and China’s President, Hu Jintao. After nine difficult rounds of talks between the Dalai Lama’s envoys and China, a breakthrough is badly needed for progress to be made towards a negotiated resolution to China’s occupation of Tibet. A face-to-face meeting will undoubtedly reduce the mistrust that China bears for the Dalai Lama, a fellow Nobel peace laureate and one of the most respected global leaders of all time. Your desire for a fresh approach to long-standing injustices and your inspirational leadership abilities, mean that you are the person who can make this happen.I appeal to you help broker a just and lasting resolution for the Tibetan people by working to facilitate a meeting between His Holiness the Dalai Lama and President Hu Jintao this coming year.

和訳; 親愛なる大統領閣下

チベットの新年ロサルの時に、大統領閣下とダライラマ法王猊下の会談がチベットの未来に画期的なものとなるよう心からお願いします。

特に、中国胡錦濤 国家主席とダライラマ法王猊下の会談を実現させるべくお力をお貸しください。ダライラマの特使団と中国との9回にもわたる困難な会談後、中国のチベット支配に関する問題解決に向けてネゴシエイトに何らかの進展が必然です。

面と向かっての会見により、同ノーベル平和賞受賞者であり、世界中で歴史上、最も尊敬される指導者の一人であるダライラマに対して中国が持つ不信感を必ず、なくしてくれる事と信じます。

長期に渡り不正義なチベットの状態に新鮮な解決策を求める、あなたの意志と精神的指導力の力は、あなたこそが、両者の会見を実現に導く事の出来る人である事を示しています。

チベットの人々に取って公平で長期的な解決策を導くため今年、法王猊下と小主席の会見を実現させるべく仲介と協力して下さるよう訴えます。

以上

以下は重要性の高いものから順に、上記のオバマ大統領へのメッセージを送る方法です。(全部実行する必要はありません!)

1. 個人メッセージ/手紙として+1 202-456-2461へファクスする
ファックスを送るのは手間がかかる事が承知していますが、ホワイトハウスは連日3,500本の電話や100,000通のメール、65,000通の通常手紙に比べて、1000枚のファックスしか届かないため、一斉に送る事でこのチベットに関する要請を激増させることができるため、これが最良の方法です!上記のメッセージのひな形をそのまま使うよりも、それぞれ皆さんで個人的に変える事でより強い印象を送ることができます。(下記参照)

2.ひな形の文章をファックス,または(緊急に)郵送する
ひな形は一般にこちらのリンクで公開されています。http://ihearttibet.org/?page_id=78

ファックス番号:+1 202-456-2461

アドレス: The White House, 1600 Pennsylvania Avenue NW, Washington, DC 20500, United States of America.

3.http://ihearttibet.org/?page_id=78. からオバマ大統領へメッセージをポストする
すでに220のメッセージが届けられています。
上記ひな形の内容を含んだポストが望ましいですが、こちらのサイトに届けられたオバマ大統領へのメッセージは水曜日の夜までにホワイトハウスに届ける旨を約束しましたので、期日までにダライラマとコキントウの会談を要請する内容を含んだメッセージを大統領あてに届けてください。

4.ホワイトハウスの公式サイトから “Contact Us” フォームへ書き込む http://www.whitehouse.gov/contact

書き込みのしかた:全ての*必要事項を記入してください。(米国以外の国も選べるようになっています)
サブジェクトは:”I have a policy comment“(政策についてのコメント)
Policy Commentからは”Foreign Affairs” (外交)を選択する。
上記のひな形をコピーする。出来るだけ、目に留まりやすくするため、ひな形にそれぞれ手を加えてください。このフォームは2,500字内で収めるようになっていますが、上記ひな形は字数に十分余裕がとってあります。
Contact Me” をチェックするとホワイトハウスから問い合わせに対する返事がきます。
そのご、キャプチャの文字を記入して完了です。

以上です。

結局ほぼ全部転載してしまいました^^;

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ人気ブログランキングへ

テンジン デレグ リンポチェ 釈放要請

Free Tibet Japan Home ≫ Blog Archive ≫ テンジン デレグ リンポチェ 釈放要請
http://bit.ly/87qFcF

お詫び

今頃気がつきましたが、上↑のEVeNTへのリンクがキレてました。修正してお詫び申しあげます。
リンク切れの原因はEVeNTのアドレス変更とそのフォローの不十分。以後気をつけなきゃです。
それから、今日は大阪行けないのも心苦しい。勿論バッタもん展じゃないですよ、ピースウォークの方です。
大阪の天気は良さそうですが、寒いから参加の皆さんは風邪など引かぬように気を付けて。
今日で全てが終わるわけではなく、始まりですからね。

人気ブログランキングへ

あすからチベット美術特別展

「天空の至宝」一堂に あすからチベット美術特別展 – 大阪日日新聞 http://bit.ly/6wenyB

今度は大阪です。関西きよったで。
関西のフリチベには周知の事実でしょうが、もちろん抗議のイベントはあります。TIBET ROOMのEVeNT Calendarにもキッチリ掲載しておきました。
このチベット展に関しては、当初スポンサーの顔ぶれを見て不安を感じながらもチベットへの関心が広がるならと好意的に見ていた部分もあった。だからTIBET ROOMのEVeNTで紹介したし、九州での表向きな評判しか知らなかった。
風向きが変わったのは札幌で酷いレプリカ土産の報道あたりからだった。記憶が正しければ、他の多くのフリチベたちが騒ぎだしたのも札幌からだったと思う。
確かに規模の大きいイベントは関心を持つ人たちの裾野を拡大するには効率がいい。おまけに宣伝も大々的に打ち、大都市で長期間の開催である。少し考えてみれば判ったかもしれないのに、何故中国政府のプロパガンダが見抜けなかったのだろうか。全く気がつかなかったわけではないが、それでも多くの人に関心を持って頂けるのであればと歓迎し…。
中国が観光の為だけでやるわけがないのである。底には必ず政治的打算が必ず潜んでいることは解っていた筈なのに、迂闊でした。
でも、中国政府がそうだからといって驚くことではない。だからこそFREE TIBETを訴えているのだから。
むしろ不自然で、信じられないのは、例の「チベット人は存在しない」という大広の社員である。あのYoutubeは久しぶりにひっくり返って更に何回転も転がってしまうほど呆れ果てた。まるで理屈になっていないことでも金の為なら何でも言ってのけるのがプロのADマンなら、プロのADマンは全員金塊に括りつけて海の底へ沈めたい。この地球に人で無しは要らない。
きっとフリチベというだけで監督を侮っていたに違いない。どうせ薄っぺらい同情や雰囲気だけで「良いことしている」気分に浸りきったヒーローごっこなんだから、ハッタリでもかませば良いんだよ。大丈夫大丈夫だって。
ああああ!思い出すだにムカムカする!
ということで、大阪展はEVeNTで紹介すんの止めようかと思ったんだけど、でも冷静に考えて抗議運動があることを付け加えて紹介することにした。その方がベターだと思うから。

さて、中国へ目を向けると、最近はGoogleとのいざこざで賑やいでいますが、凄く気になるニュースがありました。

重要な新政策? 中国がチベット工作座談会開催か  – MSN産経ニュース http://bit.ly/65zQGB
時事ドットコム:チベット政策会議、9年ぶり開催=胡政権の発足後初−中国共産党 http://bit.ly/54ygHG

元が共同とはいえ産経だけではバランス的に心許ないので、一応時事もリンクしときます。
こう云ったニュースものも、たまにはいいですね。

When The Dragon Swallowed The Sun

Thom Yorke
RADIOHEADのフロントマンTHOM YORKEが、DAMIEN RICE、PHILIP GLASSと共にチベット運動に関するドキュメンタリー映画のサントラ盤のために複数の楽曲を制作した。この映画『WHEN THE DRAGON SWALLOWED THE SUN』は、中国の統治から逃れて自治権を獲得しようと苦しみもがいている“チベット解放運動”について追ったドキュメンタリー作品で、YORKEはすでに3曲を書き上げているという。映画監督を務めたDIRK SIMONは制作に7年の歳月を費やし、作品ではインド、中国、チベットのHD映像をフィーチャーしているほか、俳優のRICHARD GERE、DESMOND TUTU大司教、そしてDALAI LAMAへのインタビューも見ることができる。

ANAP Onlineshopより)

トム・ヨークの他にも、ダミアン・ライスと作曲家のフィリップ・グラスによる新曲がフィーチャーされているという。

MTVジャパンより)

情報に聡い人はご存知かもしれないけれど、公開予定は公式サイトにもComing Soonとあるだけですが、北京オリンピックの後では始めてかな?本格的なフリチベの記録映画は。日本でもぜひ公開してほしい。妨害はもちろんあるだろうけれど、それは今に始まったことじゃない。

人気ブログランキングへ

石濱裕美子先生、どういうこっちゃ?

やっとEVeNT情報を更新しました。
地味に表示の仕方を変えたりしています。そういった細かい努力は、こちらが言わないとスルーされるのがオチなので述べておきます。

ま、そんなことはどうでも良いんです。それより、敢えて紹介を見合わせたイベントがあります。今回はそのことについて書きます。

スルーしたのは、あの石濱裕美子先生の講座「チベット ー 天空の仏教美術」です。
おお石濱先生だ!と思った人、ちょっと待ったぁ!実はこれ、フリチベには何かと憤懣やるかたない例の至宝展に関連した講座なのです。では改めて、
「聖地チベット ー ポタラ宮と天空の至宝展」関連講座
チベット ー 天空の仏教美術
講師:早稲田大学教育・総合科学学術院教授 石濱 裕美子
朝日カルチャーセンター横浜教室にて開催です。

石濱先生、どういうこっちゃ?

氏が講演をされるbTibet09は、チラシの冒頭で件の至宝展をどうどうと批判しているし、チベットハウスも抗議のアピールをサイトに載せているのである。日本に在住のチベット人は、おそらく全員が開催を反対しているのではなかろうか。
そんな至宝展の関連講座を引き受けるなんて、あまりにも節操がないというか無神経じゃないかな?学問に政治は無関係だとでも言うのなら、今後一切フリチベに顔を出すべきではないのでは。
まさか、朝日カルチャーであの至宝展の展示説明は間違ってると批判するつもり?もしそうなら、それはいくらなんでもギャラ泥棒だし、安くない受講代だけでなく、既に至宝展のPRにも一役買っているんだからね。

と、沸々と疑問を抱いたのでスルーした。

これでフリチベ限定の有名人を特定して批判したのは二人目である。でも、名指しは初めて。
ちなみに一人目は長田幸康なんだけどね。あ、書いちゃった(な〜んて確信犯)けど、サイトで確認したら相変わらず「おすすめ」とかいって青蔵鉄道の本をサイトの一面に載せている。これもどういう神経しているのか。この人、自分のブログでは青蔵鉄道を批判してんだよね。

小さいことのようでいて、これってとても重要なことだと思うんだけど、お二人は何とも思っていないのかね?それとも俺はノリが悪いのかな?
でもさ、野生動物保護を訴えているヤツが毛皮きていたらどうします?それもシャトーシュかな。ちなみにシャトーシュとはチルー(チベットレイヨウ)の毛で織られた織物のことで、一枚のショールを作るのに3頭のチルーが必要なんだけど、チルーはワシントン条約、野生保護条約で保護されているため、現在出回っているのは全て密猟された闇ルートのもの。
中国政府はこれら野生動物保護を盛んにPRしているけど、それ以前に西部大開拓で大々的に自然破壊し、邪魔なチベット遊牧民を狭い土地に押し込めチベット人の生活を破壊している。
そして誰かさんは、そんなやり方を批難しながら、チベット破壊の象徴で金儲けしているんですよ。なんで誰も何も言わないのかな?私はフリチベJapanの七不思議の第一に挙げたいよ。

人気ブログランキングへ