アーカイブ | アクション RSS for this section

でもやっぱり…

先の投稿で凹んでられないとか書いたけど、ベルギーのこんな動画見ると、

一方、われらが日本は

(-ω-;)ウーン
否!人数ではない!本土では一人で命がけでデモしているんだから。

とはいえ、何か良いアイデアは無いものか。

FREE TIBET !

チベット蜂起記念日

3月10日はチベット蜂起記念日。

このサイトを訪れる人には要らぬ説明かも知れないが、一応1959年3月10日にダライ・ラマ法王を守り中国の武力支配に抗議するためラサ市民が「初めて」蜂起したことを記念した日である。(→Wikipedia「1959年のチベット蜂起」チベットハウス「ダライラマ法王が著した1959年3月10日」

昨年のチベットは、とにもかくにも焼身抗議の痛ましく悲しい一年であった。そして今もそれは続いている。

チベット同胞の悲痛な思いや焦燥感が如何ばかりか、当たり前のように日本人でいられる私にどこまで理解でき得るものかはわからない。それでも、もうこれ以上の命の犠牲がでないことを心から切に願う。とにかく今はそれしか無い。とにかく生きてください!生き残ってください!未来のため。それは来世のためでもあるのだから。

さて、International Tibet NetworkがYoutubeに声明を出したので、ここに貼付けておきます。日本語字幕付きですが、「続き」に字幕部分を書き留めておきました。一部(といっても少しだけ)私の判断で字幕とは違ったところがありますが、殆ど字幕の書き写しです。

引用元: Solidarity and Resistance: A Statement by the Global Tibet Movement – Japanese Subtitle – YouTube.

続きを読む…

チベットNOW@ルンタより転載:署名活動「焼身抗議をやめて下さい」

今回は、ここを訪れている方なら既に読まれているかもしれませんが、ダラムサラ発のレアな情報を発信し続けておられるブログ「チベットNOW@ルンタ」さんの記事を「転載は大歓迎」とあったので遠慮なく転載させていただきました。 続きを読む…

藏人调戏小五毛wumao – YouTube

Let’s take a picture♪

Let’s put on your youtube♪

Can you do that♪

In your China♪

引用元: 藏人调戏小五毛wumao – YouTube.

ツイッターで知った動画。習氏の訪問先アイオワかな?、チベット支援者たちの機転が素晴らしすぎて五毛が言葉失ってるザマーミヤガレ。いやしかし、これは本当に見習いたいね(特に罵声を浴びせるしか知らない人たちは)。誰にアピールしているのか明確にわきまえて、感情に走らない。いやあクールなラップだわ。

ダライ・ラマ法王来日記念特別講演のお知らせ

皆さんもご存知の通り、猊下が6月に来日することは以前このブログでも紹介しましたが、それを記念した特別講演会が6/20(日)PM長野のビックハットで予定されています。
主催する善光寺のWebサイトに特設ページがありますので、詳しくはそちらで確認してください。また、チベットハウスが共催なので、そちらのサイトにもいずれ案内がでるでしょう。また、mixiの会員の方はトピが立っているので推チェック。

さて、中国との対話が再開されましたが、期待している人っているんでしょうか。どうせ中国は欧米からの批判をかわす為の方便にしか思っていないでしょうし、またいつものパターンで終わらせる腹づもりに違いない。そのうちネット上にニュースが出回るでしょうが、とりあえずphayulから早くもこんな記事(英語)が

Not hopeful of miracle, Tibetan PM on resumption of talks – www.phayul.com

相変わらず速いです。

人気ブログランキングへ

テンジン デレグ リンポチェ 釈放要請

Free Tibet Japan Home ≫ Blog Archive ≫ テンジン デレグ リンポチェ 釈放要請
http://bit.ly/87qFcF

お詫び

今頃気がつきましたが、上↑のEVeNTへのリンクがキレてました。修正してお詫び申しあげます。
リンク切れの原因はEVeNTのアドレス変更とそのフォローの不十分。以後気をつけなきゃです。
それから、今日は大阪行けないのも心苦しい。勿論バッタもん展じゃないですよ、ピースウォークの方です。
大阪の天気は良さそうですが、寒いから参加の皆さんは風邪など引かぬように気を付けて。
今日で全てが終わるわけではなく、始まりですからね。

人気ブログランキングへ

あすからチベット美術特別展

「天空の至宝」一堂に あすからチベット美術特別展 – 大阪日日新聞 http://bit.ly/6wenyB

今度は大阪です。関西きよったで。
関西のフリチベには周知の事実でしょうが、もちろん抗議のイベントはあります。TIBET ROOMのEVeNT Calendarにもキッチリ掲載しておきました。
このチベット展に関しては、当初スポンサーの顔ぶれを見て不安を感じながらもチベットへの関心が広がるならと好意的に見ていた部分もあった。だからTIBET ROOMのEVeNTで紹介したし、九州での表向きな評判しか知らなかった。
風向きが変わったのは札幌で酷いレプリカ土産の報道あたりからだった。記憶が正しければ、他の多くのフリチベたちが騒ぎだしたのも札幌からだったと思う。
確かに規模の大きいイベントは関心を持つ人たちの裾野を拡大するには効率がいい。おまけに宣伝も大々的に打ち、大都市で長期間の開催である。少し考えてみれば判ったかもしれないのに、何故中国政府のプロパガンダが見抜けなかったのだろうか。全く気がつかなかったわけではないが、それでも多くの人に関心を持って頂けるのであればと歓迎し…。
中国が観光の為だけでやるわけがないのである。底には必ず政治的打算が必ず潜んでいることは解っていた筈なのに、迂闊でした。
でも、中国政府がそうだからといって驚くことではない。だからこそFREE TIBETを訴えているのだから。
むしろ不自然で、信じられないのは、例の「チベット人は存在しない」という大広の社員である。あのYoutubeは久しぶりにひっくり返って更に何回転も転がってしまうほど呆れ果てた。まるで理屈になっていないことでも金の為なら何でも言ってのけるのがプロのADマンなら、プロのADマンは全員金塊に括りつけて海の底へ沈めたい。この地球に人で無しは要らない。
きっとフリチベというだけで監督を侮っていたに違いない。どうせ薄っぺらい同情や雰囲気だけで「良いことしている」気分に浸りきったヒーローごっこなんだから、ハッタリでもかませば良いんだよ。大丈夫大丈夫だって。
ああああ!思い出すだにムカムカする!
ということで、大阪展はEVeNTで紹介すんの止めようかと思ったんだけど、でも冷静に考えて抗議運動があることを付け加えて紹介することにした。その方がベターだと思うから。

さて、中国へ目を向けると、最近はGoogleとのいざこざで賑やいでいますが、凄く気になるニュースがありました。

重要な新政策? 中国がチベット工作座談会開催か  – MSN産経ニュース http://bit.ly/65zQGB
時事ドットコム:チベット政策会議、9年ぶり開催=胡政権の発足後初−中国共産党 http://bit.ly/54ygHG

元が共同とはいえ産経だけではバランス的に心許ないので、一応時事もリンクしときます。
こう云ったニュースものも、たまにはいいですね。

When The Dragon Swallowed The Sun

Thom Yorke
RADIOHEADのフロントマンTHOM YORKEが、DAMIEN RICE、PHILIP GLASSと共にチベット運動に関するドキュメンタリー映画のサントラ盤のために複数の楽曲を制作した。この映画『WHEN THE DRAGON SWALLOWED THE SUN』は、中国の統治から逃れて自治権を獲得しようと苦しみもがいている“チベット解放運動”について追ったドキュメンタリー作品で、YORKEはすでに3曲を書き上げているという。映画監督を務めたDIRK SIMONは制作に7年の歳月を費やし、作品ではインド、中国、チベットのHD映像をフィーチャーしているほか、俳優のRICHARD GERE、DESMOND TUTU大司教、そしてDALAI LAMAへのインタビューも見ることができる。

ANAP Onlineshopより)

トム・ヨークの他にも、ダミアン・ライスと作曲家のフィリップ・グラスによる新曲がフィーチャーされているという。

MTVジャパンより)

情報に聡い人はご存知かもしれないけれど、公開予定は公式サイトにもComing Soonとあるだけですが、北京オリンピックの後では始めてかな?本格的なフリチベの記録映画は。日本でもぜひ公開してほしい。妨害はもちろんあるだろうけれど、それは今に始まったことじゃない。

人気ブログランキングへ

未知踏進

稲葉香 写真展
「未知踏進」西ネパール ムグ地方からシェー・ポグスムド湖への横断の山旅
大阪2/9(火)〜21(日)13:00~23:00 2/15定休日 @CHAKRA
東京3/19(金)〜22(月)11:00~20:00 最終日16:00まで @EARTH PLAZA
詳細はこちら

時おりチェックしているBlogから無断で転載。
今度こそマジで行こう。
前もこの方の写真展に行きます!とコメントを残しておきながら行かなかったし、ホンマに一度WEBじゃなく生で見たいんよね。
でも大阪って滋賀からだと近いようでいてちょっとした距離あるんだわ。ただでさえ腰が重い私には琵琶湖の西側はプチ異国といってもいいくらい面倒くさい。別に歩いてゆくわけじゃないんだから、要は駅へ行くのが面倒くさいのと往復の電車代をケチりたいしみったれた根性が足を引っ張っているのだ。でも、大阪のミナミの方ならまだしも北区だからね。頑張ろ。
しかし、デモがあると東京まで行くヤツが大阪行くの面倒だと言うのもどうかしているが、これでもチベットくんだりまで行っちゃった人間なんよね。信じられへん。さらにこの間まで本気でカイラス行く気でいたというのだから、わけわかりません。
あ、あかんあかん。あかんがな!シフトチェンジシフトチェンジ!またエンストしかけたわ。私も未知踏進するんや。

人気ブログランキングへ