チベット蜂起記念日

3月10日はチベット蜂起記念日。

このサイトを訪れる人には要らぬ説明かも知れないが、一応1959年3月10日にダライ・ラマ法王を守り中国の武力支配に抗議するためラサ市民が「初めて」蜂起したことを記念した日である。(→Wikipedia「1959年のチベット蜂起」チベットハウス「ダライラマ法王が著した1959年3月10日」

昨年のチベットは、とにもかくにも焼身抗議の痛ましく悲しい一年であった。そして今もそれは続いている。

チベット同胞の悲痛な思いや焦燥感が如何ばかりか、当たり前のように日本人でいられる私にどこまで理解でき得るものかはわからない。それでも、もうこれ以上の命の犠牲がでないことを心から切に願う。とにかく今はそれしか無い。とにかく生きてください!生き残ってください!未来のため。それは来世のためでもあるのだから。

さて、International Tibet NetworkがYoutubeに声明を出したので、ここに貼付けておきます。日本語字幕付きですが、「続き」に字幕部分を書き留めておきました。一部(といっても少しだけ)私の判断で字幕とは違ったところがありますが、殆ど字幕の書き写しです。

引用元: Solidarity and Resistance: A Statement by the Global Tibet Movement – Japanese Subtitle – YouTube.

連帯と抗議:グローバル・チベット・ムーブメントによる声明

「チベットは被占領国家です。
チベット人は、62年間にも渡る中国の武力支配の中で、中国政府の植民地支配に対し抵抗を続けてきました。
中国の侵略以降、2008年には最も多くの抗議行動が起き、その抗議はチベット高原全土を覆い尽くしました。
チベット人は逮捕、強制連行、拷問、そして命の危険を顧みず、チベット全土で文化的な抵抗運動や不服従といった抗議行動を通して、大胆かつ勇敢に中国の支配を拒否してきました。
しかしその抵抗運動にもかかわらず、中国の民族的抑圧政策によって、これまでに20人を超える尼僧を含む僧侶、一般民衆が、チベットの自由とダライ・ラマの帰還を訴えて自らに火を放ち、焼身抗議という手段を余儀なくされています。
これらは中国のチベット占領政策の失敗、チベット人に対する人権蹂躙、依然として続く民族抑圧政策が一連の焼身抗議を引き起こした原因と考えます。
現在までに少なくとも16人のチベット人が占領政策に抗議して焼身自殺という悲惨な手段に訴えています。
中国政府の支配下に喘ぐチベット人は、こうした非常手段を取ることで自らのアイデンティを守り、民族としての勇気と信仰心を表し、中国の言いなりにはならないと意思表示と、国際社会の援助を求めています。
人々の尊敬を集めていた高僧ソパは、チベット人の団結を訴え自身に火を放つ前に、『強く豊かなチベットを築くために団結し共に働かなければならない』と語りました。
この数ヶ月間に起きた、チベット人による抗議行動の参加者の数は、中国の理不尽な軍事支配への恐怖を乗り越えて増え続けています。
私たちはチベット人の自由への叫びに対する、中国による残虐な行為を非難します。
国際社会はチベットを支援するために一致団結するべきです。
多くのチベット支援団体や機関が、グラスルーツ運動や、啓蒙活動を通して、チベットで起きている惨状を世界に発信し、各国の政府に対し緊急の政治的行動をとることを要請しています。
国際社会の関心を内政干渉として、意に介さない中国の態度に対して、より強い意志表意が必要です。
私たちは中国のこうした政策をやめさせるため、各国政府が連携して緊急処置をとる事を求めます。
速やかに各国政府によるチベット問題に関する緊急会議をもち、チベットの人々のために、多国間の外交政策を討議し実行することを求めます。
今こそ、世界のリーダーが一丸となり、中国政府に対して対処する時です。
チベットにおける騒乱や焼身抗議など、チベットの緊張の要因となっている全ての中国政府の民族抑圧政策の停止を要請します。
さらに、チベット人の自由と権利の保障、ダライ・ラマの帰還の訴えに対し前向きに対処するよう求めます。
国際チベットネットワーク(The International Tibet Network)とそのメンバーはチベット本土のチベット人のすることを誓い、支援するため協力を一層強化し、各国の政府や国際機関、国際社会に要請します。
チベットと中国の正しい歴史認識に基づいて、
私たちと共に中国政府によるチベットの人々に対する理不尽な政策を止めさせるためのアクションに参加してください。そして自由と平和な生活を得る代償として大きな犠牲を払わなければならないチベットの人々の深い悲しみを伝えてください。」

チベット本土でこれまでに26人のチベット人が自らに火を放ち、
少なくとも19名が死亡しています。
(2012年3月7日までに確認されている人数)

International Tibet Network

広告

タグ: , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。