新華社の記事はブラックジョークです。

なんかこのブログ、かなりズレた世界観を醸してますな。

気持ちは今アメリカでのお披露目と温家宝の笑えない戯れ言を最新トピックとして、チベット本土の様子が気がかりなんだけど、今ちょっと色々思うことがあって小細工をしておるところ。で、これが落ちつけばブログ更新も何とか原発関連と並行してやって行けそうな気になっているのだが、どうかなあ。

とまれ今回はそんな言い訳のブログなんだけど、今日ちょっとツイッターで思ったことを少し書く。

新華社とかの所謂中国国営報道の記事に対しては、プロパガンダなのは当然のこととしてスルーするか矛盾を指摘したうえでネットに流してゆくかするのが基本で、内容にいちいち反応していたら数が多いから身が持たない。とはいえ、不快であることに変わりないわね。

そこで、思ったんだけど、これを少しでも精神衛生上よろしく乗り越えるには、これらプロパガンダ記事をブラックジョークと思えば良いんじゃないかと。そしてブラックジョークとして「おかしさ」の元を探ればいい。たとえプロパガンダと云っても、中国政府の思惑がそこにあるわけで、何かしら情報が読み取れるのだから。皮肉を言うのはその後からでも遅くはない。そうやって一度笑いに追いやってしまってからの方が、冷静に情報として分析できるのではなかろうか。分析と大仰に構えるより、「なんでおかしいんや?」くらいの気楽な構えの方が、きっと頭も働く。その上で何故この情報を、このタイミングで流すのか考えるのだ。

プロパガンダに対しては冷静であることが第一。光速で嘘つきだ!プロパガンダだ!人殺し!悪魔!と騒いだり、皮肉を言ってドヤ顔でいるだけではダメ。大騒ぎの興奮は心を盲目にし、皮肉による自己満足は心の目を曇らす。相手の方が狡猾で強大であることを忘れてはならない。

(-ω-;)ウーン、何を書いてるのだ私は。

今回も、ちと筆が滑り気味だけど、まあ勢いは大事と云うことで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。